みんなのリテールDX by D&S SOLUTIONS

みんなのリテールDXは「小売の未来を一緒に考える」をテーマに、小売・食品業界の第一線で…

みんなのリテールDX by D&S SOLUTIONS

みんなのリテールDXは「小売の未来を一緒に考える」をテーマに、小売・食品業界の第一線で活躍されている方々とこれからの”リテールDX”について語り合うコミュニティメディアです。運営会社:D&Sソリューションズ株式会社 https://www.ds-solutions.co.jp/

マガジン

  • リテールDX事例、あの会社に聞いてみた

    本マガジンでは、小売・食品メーカーの業界において第一線で活躍し、リテールDXに積極的に取り組んでいるキーパーソンへのインタビューを掲載していきます。

  • 最近のリテールDXまとめ

    本マガジンでは、リテールDXに関連する様々なニュースや動向を配信していきます!

  • いまさら聞けないリテールDX

    本マガジンでは、小売・食品メーカー業界のDX化に関連した様々な素朴な疑問や地味にもっと理解しておきたい基礎知識を、みんなのリテールDX編集部が総力をあげて分かりやすい解説を試みている連載です。

  • デジタルチラシの今と未来

    「デジタルチラシ」の現在地とこれからを考える連載企画です。紙のチラシからこれからのデジタルチラシについてなど、「みんなのリテールDX」視点で考察します。

リンク

リテールDX事例、あの会社に聞いてみた

本マガジンでは、小売・食品メーカーの業界において第一線で活躍し、リテールDXに積極的に取り組んでいるキーパーソンへのインタビューを掲載していきます。

くわしく見る

マンガでお客さまの心を動かした、ユーグレナ社のリテールメディア活用術

「マーケティング活動において、小売経済圏内で自社商品を知っていただきたいお客さまにリーチし、店頭への送客を目的としたアプリ広告として精度高く設計・実施できるリテールメディアは歩留まりがよく効率的だと思う」ーー株式会社ユーグレナ(以下ユーグレナ社)ドラッグストア向けブランドのブランドマネージャーであり、食品ブランド「からだにユーグレナ」の飲料企画担当である三重 啓次郎さんは、リテールメディアをこう評します。 メディア上の行動と購買行動が紐づくことで、情報の認知から店頭での購買

スキ
22

食品卸最大手の日本アクセスマーケティング部長と考える、小売DXを推進する立役者に求められる役割とは?

こんにちは、みんなのリテールDXのマナブです。 食品メーカーと小売業、あるいは外食業をつなぐ役割を担う食品卸業。経済産業省が2023年11月に発表した資料によると、食料品関連卸売業の産業規模は94兆8660億円(試算値)、事業所数は6万2600以上となっています。 その中で業界トップを走るのが株式会社日本アクセスです。23年3月期連結決算は売上高が2兆1975億円、営業利益は252億1800万円と過去最高を更新しました。要因はコロナ禍で主力の冷凍・冷蔵食品の取引が急激に伸

スキ
1

「徹底的な生活者目線」という価値、雑誌「LDK」がリテールメディアに挑むワケ

みんなのリテールDXは、リテールメディアを「広告のあり方を変える新しい存在」と位置付け、スーパーマーケットをはじめとした小売企業、飲料や食品メーカーなどにインタビューしてきました。では、一般的に言う「メディア」の立ち位置にいる企業は、この新しい存在についてどのように考えているのでしょうか? 今回、新たにD&Sソリューションズとともに生活者と商品の新たな出会いの場を提供することに協力していただいた出版社「株式会社晋遊舎(以下、晋遊舎)」で女性雑誌「LDK」に携わる取締役 セー

スキ
7

リテールメディアが解き明かす顧客インサイト、キリンビールが得た「クラフトビールはみんなが飲みたい」という知見

これまでの記事でも、リテールメディアの存在価値についてさまざま話し合ってきました。メディアと購買行動が直接紐づく形で、認知から購買まで、データの一貫性を持って顧客導線を可視化できるリテールメディアは、小売の新しい可能性として注目を集めています。 キリンビール株式会社(以下キリン)のマーケティング本部 営業部 企画担当 アソシエイトの横山 圭さんと、同社クラフトビール推進プロジェクトの保田 真人さんも、そんな新しい可能性にチャレンジしたチームの一員です。横山さんは、営業が使う

スキ
6

最近のリテールDXまとめ

本マガジンでは、リテールDXに関連する様々なニュースや動向を配信していきます!

くわしく見る

“広告”ではなく“メディア”としてお客さまに価値を提供しませんか? - リテールメディアの現在地【後編】

こんにちは。みんなのリテールDX編集部のヒロシです。 米国で発展の気配を見せているリテールメディア。店舗デジタル化の波が米国から日本へとやってきたように、今後日本でも注目が集まると予測されています。ただ、ワードとして「リテールメディア」という存在は知っていても、その価値についてはわかりにくいですよね? 本記事では、スーパーマーケットの購買データを活用できる広告配信サービス「RETAILSTUDIO AD」に技術を提供してくださった株式会社インティメート・マージャーの代表取

スキ
6

“広告”ではなく“メディア”としてお客さまに価値を提供しませんか? - リテールメディアの現在地【前編】

こんにちは。みんなのリテールDX編集部のヒロシです。 米国で発展の気配を見せているリテールメディア。店舗デジタル化の波が米国から日本へとやってきたように、今後日本でも注目が集まると予測されています。ただ、ワードとして「リテールメディア」という存在は知っていても、その価値についてはわかりにくいですよね? 本記事では、スーパーマーケットの購買データを活用できる広告配信サービス 「RETAILSTUDIO AD」に技術を提供してくださった株式会社インティメート・マージャーの代表

スキ
6

ユニファイドコマースが日本の小売にもたらすもの〜『NRF 2023』から感じた次の小売トレンド〜

こんにちは、D&Sソリューションズのカスタマーサクセス部門でデータ分析をしている清家です。 みなさんは『NRF Retail's Big Show』というイベントをご存知でしょうか?全米小売業協会(National Retail Federation)が主催する世界最大級の小売の年次展示会であるこのイベント。今年は1月15日から17日までの日程で、アメリカ・ニューヨークで開催されました。 今回は『NRF 2023:Retail's Big Show』(以下、『NRF 20

スキ
7

リテールメディア戦国時代 〜日本の課題と解決策をまとめてみた〜

みなさま、こんにちは。D&Sソリューションズの望月です。 今回は、小売企業さま・メーカーさまの関心が高まっている「リテールメディア」について、私たちが取り組んでいる事例を交えてお話できそうな段階になってきたので、これまで得た知見や考えていることを書き出してみました。相当長文ですが、これさえ読めば、リテールメディアの概要からアメリカ(米国)で起こっている大変革、米国と日本の違い、そして日本におけるリテールメディアの現在地や課題、今後の可能性などを網羅できるかと考えておりますの

スキ
57

いまさら聞けないリテールDX

本マガジンでは、小売・食品メーカー業界のDX化に関連した様々な素朴な疑問や地味にもっと理解しておきたい基礎知識を、みんなのリテールDX編集部が総力をあげて分かりやすい解説を試みている連載です。

くわしく見る

最近よく聞く「BOPIS(ぼぴす)」ってなに?

連載「いまさら聞けないリテールDX」とは? 小売・食品メーカー業界のDX化に関連した様々な素朴な疑問や地味にもっと理解しておきたい基礎知識を、みんなのリテールDX編集部が総力をあげて分かりやすい解説を試みている連載です。 こんにちは、みんなのリテールDX編集部のユウキです。 「いまさら聞けないリテールDX」では、リテールのDX化においての素朴な疑問をわかりやすく解説します。 今回は、いま知っておきたいリテール用語解説として、「BOPIS(ボピス)」を解説します。 みなさ

スキ
6

スマホアプリとミニアプリって、結局どっちがいいの?

連載「いまさら聞けないリテールDX」とは? 小売・食品メーカー業界のDX化に関連した様々な素朴な疑問や地味にもっと理解しておきたい基礎知識を、みんなのリテールDX編集部が総力をあげて分かりやすい解説を試みている連載です。 こんにちは、みんなのリテールDX編集部のつるです。 「いまさら聞けないリテールDX」では、リテールのDX化においての素朴な疑問をわかりやすく解説していきます。初回となる今回は、「スマホアプリとミニアプリって、結局どっちがいいの?」をテーマにお届けします。

スキ
8

デジタルチラシの今と未来

「デジタルチラシ」の現在地とこれからを考える連載企画です。紙のチラシからこれからのデジタルチラシについてなど、「みんなのリテールDX」視点で考察します。

くわしく見る

意外と知られていない!?チラシの役割ってどんなこと?

連載「デジタルチラシの今と未来」とは? 「デジタルチラシ」の現在地とこれからを考える連載企画です。紙のチラシからこれからのデジタルチラシについてなど、「みんなのリテールDX」視点で考察します。 こんにちは、みんなのリテールDX編集部のユウキです。 デジタルチラシの現在地とこれからを考える連載企画「デジタルチラシ 今と未来」。第1回の今回は、チラシの役割、紙のチラシとデジタルチラシの長所などについて、D&Sソリューションズ株式会社で「チラシNEXT」をはじめとしたプロダクト

スキ
11